迷子になる前に!イタグレが飼い主の元から逃走した直後にとるべき行動

イタグレ日記の著者 イタグレはなの飼い主

2019-04-22

https://itagre.pet

イタグレ(イタリアングレーハウンド)が飼い主の元から逃げ出したとき、直後に

ことが重要です。

「玄関から飛び出してしまった」「外出先でパニックになって逃げだした」「災害時の避難中にはぐれてしまった」ときは、完全に見失うまでに上記の行動をとりましょう。

走って追いかけない

犬は走って追いかけると、逃げる習性があります。イタグレは足が速いので、飼い主が追いかけてもまず追いつきません。追いかければ追いかけるほど遠くに行ってしまい、完全に見失う可能性もあります。

飼い主
パニック状態だとなおさら、全速力で逃げようとします。
追いかけてきたー!逃げろー
はな

イタグレが飼い主の元から逃げ出したとき、走って追いかけないようにしましょう。

「待て」「おいで」で呼び戻す

犬は追いかけると逃げる習性があるため、飼い主は「待て」「おいで」の命令で呼び止めたり、呼び戻しましょう。

周りの状況を見て、交通量の多い場所だと「おいで」よりも「待て」の方が良いかもしれません。「おいで」で呼び戻すと、戻ってくる最中に交通事故に遭う可能性もあるからです。

飼い主
逃げたら追いかけず、「待て」の命令。

もし、イタグレが「待て」「おいで」の命令を覚えていないのなら、早めに教えてください。迷子になってからでは遅いです。

フードやおやつで気を引く

フードやおやつを持っているなら、イタグレに見せて気を引きましょう。

普段、「ごはん」「おやつ」というキーワードにイタグレが反応しているなら、「ごはんだよ!おいで」「おやつだよ!」と呼び戻すのも効果的でしょう。

フードやおやつで呼び戻すときは、周囲の交通状況をよく確認して、安全を確認してから「おいで!」を命令しましょう。

飼い主
(安全確認をして)よし!おいで!
わーい!ごはんだワン!
はな

まとめ

イタグレが飼い主の元から逃げ出したとき、飼い主は走って追いかけずに、まずは名前を呼びつつ「待て」「おいで」の命令で呼び戻しましょう。フードやおやつもあると効果的です。

飼い主からイタグレに近づく場合は、静かにゆっくり歩いてください。走るとビックリしてまた逃げ出します。

飼い主
昔飼っていたラブラドールが迷子になったとき、「クー(名前)!おいで!」を叫んで、なんとか戻って来てくれました。

走って逃げていくと飼い主も焦ってしまいますが、とにかく、冷静に対処することを心がけましょう。

迷子のイタグレを探すために飼い主がやるべき3つの対策
迷子のイタグレを探すために飼い主がやるべき3つの対策

イタグレが迷子になったときに、飼い主が見つけるためにやるべき3つのことをご紹介します。

続きを見る

-散歩, 災害