留守番上手になる!イタグレを飼い主の不在に慣らす4ステップ

イタグレ日記の著者 イタグレはなの飼い主

2018-09-11

留守番上手になる!イタグレを飼い主の不在に慣らす4ステップ

https://itagre.pet

犬は集団で生活する動物なので、1人で過ごすことがとっても苦手。リーダーである飼い主がいないお留守番ともなると、イタグレ(イタリアングレーハウンド)は不安でたまりません。

本来であれば、成犬になるまでは1人にさせないことが理想。ですが、ずっとそばにいると、飼い主は何もできませんし、イタグレはいつまでたっても自立しません。

そこでこの記事では、イタグレを飼い主の不在に慣らす手順をご紹介します。

飼い主
お留守番の練習をすることで、不在時のイタズラも軽減できます。

飼い主の不在に慣らす4ステップ

飼い主の不在に慣れされるには、

と、パピーのうちから段階的に練習すれば、お利巧にお留守番ができるようになります。

支度の動作を繰り返し見せる

まずはイタグレに、飼い主が出かける支度をしている様子を見せ、出かけない、という動作を何度も繰り返し見せます。繰り返すことで、「支度の動作は、出かける前兆ではない」ことをイタグレに教えます。

この工程を飛ばすと、支度の段階でイタグレが「1人にされてしまう」と思い、そわそわする犬になってしまいます。

飼い主
服を着替えたり髪を整えるなど、お出かけ前のドタバタを見せつけます。
なんか落ち着かないワン。
はな

1人の時間に慣れさせる

次に、サークルやゲージにイタグレを入れ、1人の時間に慣れさせます。飼い主は、近くの椅子に座ってテレビを見たりスマホを操作したりして、近くにいても近づけない状況をつくります。

たまに、飼い主がほかの部屋に移動し、本番の留守と同じように1人で過ごすことに慣らします。

飼い主
ちょっと距離を置いて、それぞれの時間を過ごすことに慣れさせます。
今は1人の時間だワン。
はな

2~3分の留守番に慣れさせる

1人の時間に慣れてきたようなら、短時間の留守番をさせます。

サークルやゲージにイタグレを入れ、飼い主は支度をし、玄関から外に出て数分間家を空けます。はじめは、2~3分の短時間から始めてください。

時間を徐々に伸ばすと不安が増すので、外出時間の間隔はランダムにすると良いでしょう。

飼い主
「外出しても、必ず帰ってくる」ことを教え込みます。
どこか行ったけど、いつも帰ってくるから安心だワン。
はな

長時間の留守番に慣れさせる

短時間の留守番に慣れてきたら、さらに留守の時間を長くしてみます。

長時間の留守の時ときは、おもちゃを複数用意して、退屈をさせないように気を配ってあげてください。トイレトレーニングが終わっていなければ、サークルやゲージ全体にトイレシートを敷き詰めた方が良いです。

飼い主
玄関を出て、イタグレが鳴いていたら絶対に家に入らないでください。鳴いているときに飼い主が戻ってしまうと、イタグレが「鳴けば帰ってくる!」と学習してしまいます。

まとめ

イタグレを飼い主の不在に慣れされるには、子犬のころから段階的に練習をする必要があります。

繰り返し練習をすることで、「飼い主の不在は特別なことではないし、必ず帰ってくるから大丈夫だ」と安心してくれます。

もし、お留守番中に粗相やイタズラが多い場合は、「分離不安」が疑われます。しっかりと留守番の練習をさせておけば、分離不安が起きにくくなりますよ。

イタグレが留守番中にイタズラや粗相する原因と予防策
イタグレが留守番中にイタズラや粗相する原因と予防策

イタグレが飼い主の外出中に家具を壊すなどのイタズラや、いつもと違う場所でトイレをしてしまう原因と予防策をご紹介します。

続きを見る

-しつけ