イタグレを散歩デビューさせる前にやるべき5つの準備

イタグレ日記の著者 イタグレはなの飼い主

2018-09-06

https://itagre.pet

イタグレ(イタリアングレーハウンド)を本格的な散歩デビューをさせる前に、

の5つを済ませておきましょう。

これらをすっ飛ばしていきなり外で散歩させると、わがままに歩き回って制御ができなかったり、他の犬や通行人に迷惑を掛ける恐れがあります。

イタグレの散歩中にコレだけは守りたい6つのマナー
イタグレの散歩中にコレだけは守りたい6つのマナー

イタグレと散歩に出る際に、飼い主として「コレだけは守りたい!」と思う散歩のマナーをご紹介します。

続きを見る

散歩デビューさせる前にやるべき5つの準備

首輪とリードに慣らす

胴輪の練習中のイタグレ

胴輪とリードの練習中

本格的な散歩デビューで、いきなり首輪(または胴輪)とリードを付けると、気になって散歩どころではなくなります。1週間以上前から首輪とリードに慣らしておきましょう。

イタグレと散歩するときは「首輪」「ハーネス」どっちがおすすめ?

イタグレと散歩するときは、首輪とハーネスのどちらを付けるべきか?解説します。

続きを見る

ヒールポジションを身に付ける

ヒールポジションで歩く犬

ヒールポジションが身に付けていないにの散歩デビューさせると、イタグレに引っ張り回され、すっかり主導権を握られます。引っ張りグセが身に付いてしまうと、あとから直すことは困難です。

散歩デビューさせる前に、室内でみっちりヒールポジションを覚えさせましょう。

散歩コースを下見する

散歩コース

交通量が多い道路や、野良猫が多い場所は危険です。本格的な散歩をする前に、どのコースを歩くか下見をしましょう。

散歩コースの下見には、実際に散歩をする時間帯でコースを歩いてみましょう。

抱っこ散歩で外に慣らす

抱っこ散歩

抱っこされてるイタグレ

犬は聴覚が優れているので、車やバイク、電車などの音にとても敏感。本格的な散歩デビューの前に、抱っこ散歩で外の音や景色に慣らしておきましょう。

生後3カ月ごろまでは好奇心が強まり、物事に慣れやすい時期でもあるので、家にこもっていないで積極的に抱っこ散歩することをおすすめします。

イタグレとの抱っこ散歩は、短時間で大丈夫です。近所を1周するなどを日課に取り入れましょう。

ワクチンプログラムを済ませる

イタグレの予防接種

子犬は伝染病に掛かりやすいので、ワクチンプログラムが終了するまで外での本格的な散歩は禁止です。

ワクチンの接種回数は動物病院によって異なりますが、通常は3回、短いところでは2回です。最終ワクチンが終わっても、抗体ができるまで10日~2週間ほどの時間が掛かるため、すぐに散歩しないでください。

獣医師の指示に従い、散歩デビューさせましょう。

イタグレの散歩デビューはいつから?2回目のワクチン接種でもOK?
イタグレの散歩デビューはいつから?2回目のワクチン接種でもOK?

イタグレ(イタリアングレーハウンド)の散歩デビューは、いつ頃になったらできるのか?2回目のワクチン接種のあとに散歩しても良いのか?解説します。

続きを見る

まとめ

イタグレに本格的な散歩デビューをさせる前に、室内で散歩トレーニングさせることが重要です。外での散歩を想定して、しっかりとしつけをしてください。並行して、抱っこ散歩で外の環境に慣らすと良いでしょう。

また、危険を回避するためにも、散歩コースの下見は欠かせません。実際の散歩を想定して、どのコースを歩くか?1度はチェックしておきましょう。

忘れ物ない?イタグレの散歩に必要な7つの持ち物
忘れ物ない?イタグレの散歩に必要な7つの持ち物

イタグレとの散歩に出かけるときに必要な基本の持ち物をまとめました。

続きを見る

-散歩