【肥満は危険】イタグレが太る原因と減量させる方法

イタグレ日記の著者 イタグレはなの飼い主

2018-08-30

【肥満は危険】イタグレが太る原因と減量させる方法

https://itagre.pet

飼育しているイタグレ(イタリアングレーハウンド)が平均体重より重かったり、横腹を触って、肋骨が確認できなければ、肥満の可能性があります。

この記事では、肥満になる主な原因と、体重を減らす方法などを詳しく解説します。

イタグレが肥満になる原因

近年、犬の肥満問題が深刻化してきています。国によっては、「全体の約30%の犬が太りすぎである」というデータもあります。

太り過ぎの原因は、

  • 食べすぎ
  • 運動不足
  • 糖尿病
  • 去勢・避妊手術

などが挙げられます。

ほとんどの場合、肥満の原因は「食べすぎ」です。食べ過ぎていなくても、人の食べるものを与えたり、おやつを与えすぎるとカロリーの取り過ぎで太ります。

去勢や避妊手術後も、肥満になりやすくなります。性成熟前の去勢・避妊手術は肥満の原因にはなりませんが、性成熟後の去勢・避妊手術は、肥満の原因になります。

肥満の危険性

肥満になると「心臓病」「高脂血症」「糖尿病」「腎臓病」などの重大な病気を引き起こす可能性があります。

体重が増えると骨にも負担が掛かるので、椎間板ヘルニアや関節症も引き起こします。

飼い主
「可愛くて、ついたくさん食べさせる」という行為は、イタグレの寿命を縮めます。
迷惑だワン!
はな

体重を減らす方法

肥満になったら、

ことで体重を減らせます。

ダイエット用のエサに切り替える

今、与えているドッグフードを、ダイエット用に切り替えます。

ダイエット用のドッグフードは、繊維が多くて腹持ちが良いように作られています。カロリーも低いです。ペットショップなどで購入できます。

ドッグフードを切り替えるときは、今のドッグフードと混ぜて、徐々にダイエット用のフードの量を増やして切り替えます。

おやつはあげない

おやつは、飼い主の都合で与える食べ物です。イタグレはおやつを食べなくても生きていけるので、肥満であれば、直ちに中止してください。

運動量を増やす

食事制限だけでは体重は減らないので、きちんと運動をさせてください。

散歩の時間を長くしたり、ボールやフリスビーを追いかけさせるなどで、運動量は増えます。イタグレは走ることが好きな犬種なので、運動は積極的にするはずです。

獣医師に相談する

本格的に減量をするなら、獣医師に相談し、計画的にダイエットをします。

自宅では、毎朝、食事を食べる前に体重を測って管理します。測った体重をグラフにすると分かりやすいです。

まとめ

イタグレが肥満になると、寿命が縮みます。

肥満の原因は食べ物や運動不足ですが、本当の原因は飼い主にあります。

飼い主
イタグレが「肥満になった」のではなく、飼い主が「肥満にさせた」です。
ちゃんと世話してほしいワン!
はな

飼い主が、規則正しい食事を習慣付けるようにし、運動量も徐々に増やすようにしてください。

太りすぎ注意!イタグレの平均体重と体重の測り方
太りすぎ注意!イタグレの平均体重と体重の測り方

イタグレの平均体重・正しい体重の測り方・肥満のチェックポイントをご紹介します。

続きを見る

-病気と医療, 食事