イタグレの散歩中にコレだけは守りたい6つのマナー

イタグレ日記の著者 イタグレはなの飼い主

2018-09-06

イタグレの散歩中にコレだけは守りたい6つのマナー

https://itagre.pet

イタグレ(イタリアングレーハウンド)の散歩中には、

の6つは、最低限守りましょう。

散歩のマナー

放し飼いにしない

どんなにしつけされたイタグレでも、放し飼いにするのは危険であり、マナー違反でもあります。

リードにつないでいないと、他の人を噛んでケガを負わせたり、興奮してどこまでも走っていき、迷子になる可能性もあります。

飼い主
昔飼っていたラブラドールを放し飼いにしたら、どこかに行ってしまいました。家族5人で1時間捜索してなんとか見つけましたが大変でした。

公共の水道は器で飲ませる

公園などに設置されている水道水は、イタグレに飲ませても問題ありません。ただし、蛇口を舐めたり口を付けて水を飲ませるのはマナー違反

必ず、水飲み用の皿に汲んでから飲ませましょう。

イタグレの飲み水は水道水よりもミネラルウォーターの方が良い?

イタグレの飲み水は水道水で大丈夫か?ミネラルウォーターを買って飲ませるべきか?解説します。

続きを見る

排泄物は飼い主が処理する

ウンチは、飼い主が持ち帰り処分します。ビニール袋を持参して、ウンチをしたら素早く片付けましょう。

オシッコを放置するのもマナー違反です。オシッコをした場所は、ほかの犬がマーキングしようと次々にオシッコをします。水でキレイに流しましょう。

外でブラッシングをしない

外でブラッシングをすると、毛が舞って周りの人や近所に迷惑が掛かります。イタグレの毛は短いので分かりにくいですが、見ていて気持ちの良いものではありません。絶対にやめましょう。

人への飛びつきはさせない

顔見知りを見つけると、つい嬉しくて飛びついてしまうことがあります。人懐っこいイタグレだと、見知らぬ人でも近づいてくると飛びつこうとします。

飛びつきは、ケガを負わせてしまうほか、イタグレ自身が骨折するなどの思わぬ事故の原因となります。人が近づいてきたら、飼い主がリードを踏み、飛びつきを防止しましょう。

ほかの犬に許可なく近寄らせない

散歩中は、さまざまな犬や飼い主に出会います。すべての犬と飼い主が社交的なわけではありません。人と話したくない飼い主もいれば、犬が苦手な犬もいます。犬や人に許可なく近寄らせるのはマナー違反です。

「近づいても良いですか?」と聞いてから、遊ばせてあげましょう。

まとめ

イタグレとの楽しい散歩は、公共のマナーを正しく理解し、守る必要があります。マナーを守れないと、周りの人に迷惑が掛かったり、最悪、ほかの飼い主に非難されます。気持ちよく散歩するためにも、マナーを守りましょう。

忘れ物ない?イタグレの散歩に必要な7つの持ち物
忘れ物ない?イタグレの散歩に必要な7つの持ち物

イタグレとの散歩に出かけるときに必要な基本の持ち物をまとめました。

続きを見る

-散歩

© 2021 イタグレの飼育ブログ