骨折したイタグレの診察・手術・入院・通院費用は総額いくら?

イタグレ日記の著者 イタグレはなの飼い主

2019-01-23

骨折したイタグレの診察・手術・入院・通院は総額いくら?

https://itagre.pet

飼育しているイタグレ(イタリアングレーハウンド)が前脚を骨折しました。骨折をしたら基本的に動物病院で手術をして、通院しながら経過観察をします。

飼い主
我が家のイタグレの場合、骨折の医療費は以下の通りでした。
  • 診察代 20,044円
  • 手術・入院費 194,661円
  • 通院費(1回目) 11,664円
  • 通院費(2回目) 6,480円

動物病院や骨折の度合いにもよりますが、イタグレの骨折が完治するまでの治療費総額は232,849円でした(ペット保険に入っていないので全額実費)。

この記事では、骨折の診察代・手術費・入院費・通院費の詳細についてご紹介します。

骨折をさせてしまって費用が気になっているイタグレの飼い主の方や、まだ骨折していないけど、どれくらいの治療費が掛かるのか?知りたい方は予備知識として知っておきましょう。

イタグレが骨折したら完治まで何日掛かった?
イタグレが骨折したら完治まで何日掛かった?

イタグレの骨折は、何日くらいで完治するのか?ご紹介します。

続きを見る

イタグレの骨折の診察代はいくら?

イタグレの骨折の初回の診察費明細書

イタグレの骨折の診察代

診療項目 金額
診察 864円
X線検査 3,888円
撮影 2,592円
ロバートジョーンズ包帯 5,184円
アニマルネッカー 2,332円
時間外診察 5,184円
合計金額 20,044円

「ロバートジョーンズ包帯」とは、患部が動かないように固定する包帯です。

「アニマルネッカー」とは、エリザベスカラーのことです。

飼い主
イタグレが骨折をして、はじめの検査では2万円掛かりました。

イタグレが骨折をしたら、まずは骨折の度合いを診るために動物病院で診察をします。

診察では、X線検査をして、すぐに骨折の手術ができる動物病院はそのまま手術と入院をします。小さな動物病院では手術の担当医がいなかったり、手術のための器具がそろっていないため、日程を決めてから後日手術をします。

骨折をした日に手術ができない場合は、痛みがないように包帯を巻いて固定。そのまま入院するか、手術の日まで自宅で安静にすることもできます。

骨折の手術・入院費はいくら?

イタグレの骨折の手術の診察費明細書

イタグレの骨折の手術費用

診療項目 金額
入院5~10kg(5泊) 25,272円
X線検査 3,888円
撮影 5,184円
採血 1,555円
院内血球検査 2,592円
血液化学検査 5,184円
血液化学検査 2,592円
側管注射 3,104円
セファゾリン注タイヨー 1,554円
全身麻酔 5~10kg 22,809円
前肢骨折(手術) 90,720円
血管カテーテル留置 2,592円
ロバートジョーン包帯 5,184円
静脈輸液 3,240円
アンチノール 5,994円
皮下注射 777円
コンベニア注 4,536円
X線検査 3,888円
撮影 2,592円
モメタオティック分注 1,404円
合計金額 194,661円
飼い主
イタグレが骨折をして、手術と入院で20万円掛かりました。

骨折の手術をする前は、「血液凝固系異常(出血が止まらない)」がないか?などを検査をするために、血液検査をします。

血液に異常がないことを確認したら、全身麻酔をしてから骨が折れた部分を切開し、骨を支えるためのプレートを入れ、さらにボルトを5本程度入れて固定します。

動物病院の獣医師によると、プレートやボルトは特殊な器具で、非常に高価だそうです。実際、私のイタグレもプレートやボルトを入れる手術で約9万円掛かっています。

手術後は絶対安静なので、動物病院で1週間程度入院をします。

骨折の通院費はいくら?

骨折の通院は2回しました。

1回目の通院費

イタグレの骨折の通院1回目の診察費明細書

イタグレの骨折の通院費

診療項目 金額
X線検査 3,888円
撮影 2,592円
ロバートジョーンズ包帯 5,184円
合計金額 11,664円
飼い主
イタグレが骨折の手術から退院して、1回目の通院で1万円掛かりました。

骨折の手術から退院をして、約1週間後に経過を診るために診察をします。

退院から1回目の通院では、X線検査をして順調に骨が再生されていることを確認しましたが、まだ油断はできないため、ロバートジョーンズ包帯でしっかり固定しました。

2回目の通院費

イタグレの骨折の通院2回目の診察費明細書

イタグレの骨折の通院費

診療項目 金額
X線検査 3,888円
撮影 2,592円
合計金額 6,480円
飼い主
イタグレが骨折の手術から退院して、1回目の通院で6千円掛かりました。

退院から2回目の通院でも、X線検査をして順調に骨が再生されていることを確認しました。

ほぼ、折れた骨がくっついていたので完治となりました。ただし、心配であればあと数回、経過観察をした方が良いとのことでした。

骨折のプレートを抜く手術費用

イタグレの骨折のプレートを抜く手術費用

イタグレの骨折手術後のレントゲン写真

骨折の手術では、プレートを入れて骨を支え、ボルトで骨を固定します。このプレートとボルトは、骨折が完治したあとに抜くため、また手術をします。

プレートを抜くための手術は2回に分けます。2回に分ける理由は、1度に全部抜いてしまうと、骨が弱っているので再骨折の危険があるため。

1回の手術費用は5~7万円前後で数日入院します。これが2回あるので、だいたい10~15万円前後掛かります。

ただし、プレートを残したままでも良いそうで、その辺は飼い主の判断に委ねられます。

骨折医療費の総額の目安は?

今回、イタグレの骨折でお世話になった動物病院に、手術前に「総額いくら掛かるか?」と聞いたところ、「20万円くらいは掛かるね」と回答をもらいました。

実際、完治するまでの医療費総額は232,849円でした。

動物病院に勤めている姉にも、骨折の治療費について聞いたら、

手術が5~10万円。それ以外に点滴とか血液検査で別途掛かる。手術後の入院は5日くらいで入院費は1泊5,000円。だから、手術だけで15~20万円は掛かるね。

退院しても通院して、通院のたびにレントゲン撮るから地味にお金掛かるよ。

とのことでした。

近所でイタグレを飼っている飼い主さんは、「知り合いも骨折で30万円くらい掛かった」と教えてくれました。

骨折の度合いにもよりますが、だいたい20~25万円くらいは覚悟しておきましょう。

まとめ

イタグレの骨折の診察代・手術費・入院費・通院費の総額は、約23万円でした。

以下、診療費用の簡易詳細です。

診療費用 金額
診察代 20,044円
手術・入院費 194,661円
通院費(1回目) 11,664円
通院費(2回目) 6,480円
合計金額 232,849円

上記に、折れた骨を支えるためのプレートとボルトを抜くための手術がある(約15万円前後)ため、結果的に30~40万円くらいは掛かります。

飼い主
ペット保険、加入しましょうね。プランによっては半額以上も安くなります。私は加入していなかったので全額自己負担でした。
イタグレが骨折しやすい体の部位と症状
イタグレが骨折しやすい体の部位と症状

イタグレは、体のどの部分が骨折しやすいのか?よくある骨折箇所はこの2つです。

続きを見る

-病気と医療

© 2021 イタグレの飼育ブログ