イタグレが興奮時にやる「うれション」の解決策

イタグレ日記の著者 イタグレはなの飼い主

2018-08-29

イタグレが興奮時にやる「うれション」の解決策

https://itagre.pet

イタグレ(イタリアングレーハウンド)が「うれション」をする原因と、その解決策をご紹介します。

「うれション」とは?

うれションとは、うれしいときや興奮状態に、何の前触れもなくオシッコをする行為のことを指します。

たとえば、飼い主が外出から帰ってきたときに、大喜びして玄関に飛んで走ってきて、その場でオシッコをしてしまいます。あるいは、来客が近づいたら、興奮してオシッコをします。

うれションをする原因

うれションの原因は、うれしさと興奮状態のあまりからのことと考えられます。

原因

普段はきちんとトイレでできるのに、うれしかったり興奮状態だと、瞬間的に括約筋(かつやくきん)が緩み、膀胱から自然とおしっこが出てしまいます。極度な緊張状態や恐怖心があるときにも、うれションをします。

よくある例

女性は特に、帰宅してから「ただいま!1人にさせてごめんね~。良い子してた?」と声を高くしてイタグレをなでますが、これが興奮させる原因になり、うれションを誘発させています。

うれションしやすいイタグレ

特に子犬期に多い現象で、人なつっこい、興奮しやすい性格のイタグレはうれションが多いようです。傾向としては、オスよりもメスに多く見られます。

習慣化する前に対策をしましょう。

うれションの解決策

うれションの解決策は、

  • 帰宅してもすぐに構わない
  • 帰宅時にすぐにトイレに誘導する

のどちらかです。

帰宅してもすぐに構わない

帰宅してすぐに構うと、興奮してうれションしてしまいます。落ち着くまでしばらく放っておくと良いでしょう。

来客時にうれションする場合は、来客に排泄を促すように声を掛けてもらいます。それが難しいなら、来客を外で出迎えて、家に入れないようにすると良いです。

帰宅時にすぐにトイレに誘導する

放置しても効果がない場合は、帰宅時にすぐにトイレに誘導させ、排泄を促してください。排泄を促すには、普段から「ワン・ツー、ワン・ツー」という指示で排泄ができるようにトレーニングする必要があります。

まとめ

うれションは、特に子犬に多い行為です。習慣化する前に対策をしましょう。

原因は「興奮状態」ですので、帰宅時にうれションをする場合は、落ち着くまで放置してください。あるいは、帰宅したらすぐに排泄を促してください。

間違っても、うれションしたからと言って、叱らないように。

コレで覚えた!イタグレのトイレのしつけ方法
コレで覚えた!イタグレのトイレのしつけ方法

イタグレにトイレを覚えさせるために必要な準備から、トイレトレーニングの方法を徹底解説します。

続きを見る

-トイレ