歯磨き前に慣らす!イタグレの口周りを触る練習法

イタグレ日記の著者 イタグレはなの飼い主

2019-02-05

歯磨き前に慣らす!イタグレの口周りを触る練習法

https://itagre.pet

イタグレ(イタリアングレーハウンド)にとって歯磨きはとても嫌なこと。歯磨きどころか、口を触られることすら苦手な子も多いでしょう。

ですが、歯周病を予防するためにも毎日の歯磨きは欠かせません。

そこでこの記事では、歯ブラシを使った本格的な歯磨きをする前に、口周りを触ることに慣れさせる練習法をご紹介します。

はな
口を触られるのは苦手だワン。
ゆっくり練習しようね。
飼い主

口周りを触ることに慣れさせるには、

と段階的に練習することで、次第に慣れていきます。

STEP1口周りを触る練習

まずは、口周りを触ることに慣れさせます。

練習方法は次の通り。

  1. ご褒美を見せて「マテ」
  2. 口周りをマッサージする
  3. ご褒美をあげる

5秒間くらいマッサージを我慢できたら、次のステップに進みます。

飼い主
簡単ですが、最初はコレだけで十分です。
コレならできるワン!
はな

ご褒美を見せて「マテ」

口周りを触る練習の「マテ」

「マテ」で待たせる

ご褒美(おやつ)を見せて、「マテ」で待たせます。

イタグレがリラックスできる場所で行いましょう。体勢は、オスワリでもフセでも構いません。

口周りをマッサージする

口周りをマッサージする練習

口周りをマッサージする

口周りをやさしくマッサージしながら、1~2秒程度触ります。このとき、飼い主が「いい子だね」と褒めながら触ると良いでしょう。

ご褒美をあげる

口周り触る練習ができたご褒美

我慢できたらご褒美を与える

いい子に我慢が出来たら、思い切り褒めながらご褒美を与えます。

慣れてきたら徐々にマッサージする時間を延ばします。目標は、5秒間くらい我慢できること。

STEP2上唇をめくる練習

次に、上唇をめくることに慣れさせます。

練習方法は次の通り。

  1. ご褒美を見せて「マテ」
  2. 1~2秒上唇をめくる
  3. ご褒美をあげる

5秒間くらい上唇をめくるのに我慢できたら、次のステップに進みます。

飼い主
かなり嫌がるので、1週間かかっても大丈夫です。ゆっくり練習しましょう。
ちょっと我慢だワン!
はな

ご褒美を見せて「マテ」

口周りを触る練習の「マテ」

「マテ」で待たせる

ご褒美(おやつ)を見せて、「マテ」で待たせます。

1~2秒上唇をめくる

上唇をめくる練習

1~2秒上唇をめくる

上唇をそっとめくります。はじめは1~2秒程度で離します。

ご褒美をあげる

口周り触る練習ができたご褒美

我慢できたらご褒美を与える

いい子に我慢が出来たら、思い切り褒めながらご褒美を与えます。

慣れてきたら徐々に上唇をめくる時間を延ばします。目標は、5秒間くらい我慢できること。

STEP3口の中に指を入れる練習

さいごに、口の中に指を入れることに慣れさせます。

練習方法は次の通り。

  1. ご褒美を見せて「マテ」
  2. 口の中に指を入れる
  3. ご褒美をあげる

5秒間くらい口の中に指を入れるのに我慢できたら、本格的な歯磨きにチャレンジします。

飼い主
抵抗しても叱らないように。「歯を触られると良いことがある」と思ってもらえれば成功です。
慣れてきたワン!
はな

ご褒美を見せて「マテ」

口周りを触る練習の「マテ」

「マテ」で待たせる

ご褒美(おやつ)を見せて、「マテ」で待たせます。

口の中に指を入れる

口の中に指を入れる練習

口の中に指を入れる

上唇をめくり、口の中に指を入れてみます。はじめは一瞬で終わらせて構いません。

慣れてきたら触る時間を少しづつ長くして、やさしく歯肉や歯をマッサージしてみましょう。

ご褒美をあげる

口周り触る練習ができたご褒美

我慢できたらご褒美を与える

いい子に我慢が出来たら、思い切り褒めながらご褒美を与えます。

慣れてきたら口の奥に指を入れてみます。目標は、5秒間くらい我慢できること。

以上ができたら、口周りを触る練習は完了です。

飼い主
マスターすると、歯をグニグニ触っても気にしなくなります。

まとめ

イタグレは虫歯にはなりにくいですが、歯周病にはなりやすいです。歯周病予防には日々の歯磨きが欠かせません。

ところが、歯磨きが苦手な子は多いです。歯磨き前に、まず口を触られることに慣れさせましょう。慣れてきたら上唇を触り、口の中に指を入れてみます。

はじめはとにかく時間が掛かりますが、根気よく続けていくことで、口を触られることに抵抗しなくなり、歯磨きもしやすくなりますよ。

-お手入れ