イタグレの被毛に最適なブラシの種類

イタグレ日記の著者 イタグレはなの飼い主

2019-02-02

https://itagre.pet

美しく艶のある被毛は、イタグレ(イタリアングレーハウンド)の魅力の1つ。その被毛に最適なブラシとは?ブラシの種類と、イタグレに合ったブラシをご紹介します。

被毛用ブラシの種類

犬の被毛を整えるブラシにはいくつか種類があります。代表的なブラシは次の通り。

スリッカーブラシ

スリッカーブラシ

スリッカーブラシ

スリッカーブラシは、被毛をほぐすために使います。細いピンが密集していて、抜け毛を取り除くときに便利。ブラシの先が鋭いので扱いには注意が必要です。中・長毛種、巻き毛の犬向け。

コーム

コームブラシ

コームブラシ

毛並みを整えるための仕上げとして使用したり、足先や顔などの細かい部分の毛をとかすときに便利な道具。目の粗い方と細かい方を使い分けます。中・長毛種、巻き毛の犬向け。

獣毛ブラシ

獣毛ブラシ

獣毛ブラシ

豚の毛やイノシシの毛で作られたブラシ。静電気が起きにくく、抜け毛やホコリを取り除きます。短毛種向け。

ラバーブラシ

ラバーブラシ

ラバーブラシ

ゴム製のブラシ。抜け毛やホコリを取り除くとともに、高いマッサージ効果があります。短毛種向け。

イタグレに最適なブラシ

イタグレの飼育に必要な犬用ブラシ

ラバーブラシ

ご紹介した通りブラシにもいろいろありますが、ブラシは犬種や被毛のタイプ(長さや毛質)で使い分けます。

獣毛・ラバーブラシが最適

イタグレの場合、毛の短い「短毛種」なので「獣毛ブラシ」か「ラバーブラシ」が適しています。

「スリッカーブラシ」は中・長毛種向けで、イタグレやピンシャーのように毛の短い犬種に使うと痛がります。「コーム」は毛の長い犬種の毛先などを整えるのために使うため、イタグレには不要です。

獣毛・ラバーブラシのどっち?

イタグレには「獣毛ブラシ」も「ラバーブラシ」も適していますが、獣毛ブラシはあまり種類がなく市販では入手が難しいため、個人的にはラバーブラシをおすすめします。

ラバーブラシはマッサージ効果が高く、適度な摩擦で短い毛を絡めとりやすいブラシです。

まとめ

犬用のブラシには種類があり、毛の長さや毛質によって使い分けます。

イタグレは短毛種なので「獣毛ブラシ」か「ラバーブラシ」が適しています。おすすめは市販で手に入りやすいラバーブラシです。

スリッカーブラシは中・長毛種向けのブラシなのでイタグレには適しません。

-お手入れ