イタグレの食欲がなくなったときの間違った対処法、正しい対処法

イタグレ日記の著者 イタグレはなの飼い主

2018-09-12

イタグレの食欲がなくなったときの間違った対処法、正しい対処法

https://itagre.pet

いつものように、イタグレ(イタリアングレーハウンド)にドッグフードを与えても、食べなくなったり、残すことがあります。

なぜ、食欲がなくなったのか?飼い主は、どう対処すれば良いのか?解説します。

イタグレの食欲が減る原因

フレッシュミックスを食べているイタグレ

ドッグフードを食べるイタグレ

イタグレの食欲が減る原因は、

  • 成長に伴う食欲の減退
  • ドッグフードに飽きる
  • 人が食べる物に慣れた
  • 病気

などさまざまです。

成長に伴う食欲の減退

生後6~8カ月のころに食べなくなったと感じたら、成長に伴い食べる勢いが減っただけです。飽きたわけでも、病気になったわけでもありません。

ドッグフードの1日の食事量の目安を見ると、9カ月ごろから与える量が少なくなっているはずです。食事量をよく確認して、守りましょう。

ドッグフードに飽きる

イタグレに限らず、犬は同じドッグフードを与え続けると飽きることがあります。ただし、飽きることがあっても、食欲が減ることはないので、心配はいりません。

人が食べる物に慣れた

人が食べるものを与え過ぎると、わがままになり、ドッグフードを食べなくなります。

基本的に犬は、数年間同じドッグフードを与えても健康に生きられるので、飼い主の余計な計らいで人の食べる物を与える必要はありません。

たまになら良いですが、人の食べ物を与え過ぎると、肥満の原因や栄養バランスが崩れる原因にもなります。また、中毒を引き起こす食べ物もあるので注意が必要です。

病気

上記に当てはまらず、他の症状も気になるようなら、病気が疑われます。

食欲の減退は、痛みや不快感から引き起こされることが多いものです。たとえば、急性の病気や打撲、骨折が疑われます。

軽い症状から重病まで多岐にわたり、素人での判断は困難なので、気になるようなら早めに動物病院で診てもらいましょう。

食欲が減ったときの間違った対処法

病気以外で食欲が減ったときに、「飽きたのかな?」とドッグフードを変えるのは間違いです。

すぐに別のドッグフードを与えると、「エサを食べなければ、もっとおいしいご飯をもらえる!」と学習してしまいます。

わがままに育つだけなので、食べなくなってからエサを変えるのは絶対に避けましょう。

食欲が減ったときの正しい対処法

健康状態に問題がなさそうなときに食欲が減っても、一時的なものなので心配はいりません。

少し置いておいて食べないようなら、サッと食器を片づけてしまいましょう。しばらくしたら、また同じエサを与えて様子を見ます。空腹に我慢できなくなったら、また同じエサを食べ始めるはずです。

暑い日は食中毒になる恐れがあるので、残した食事は放置しないように。

飼い主
ちなみに、犬は1日くらい何も食べなくても生きられます。

まとめ

食欲がない原因はさまざまですが、病気が疑われないようなら、まず心配はいりません。エサは変えず、今まで通りのドッグフードを与えてください。食欲がないからと言って、フードを変えるのはおすすめしません。

もし、食欲がなく、下痢・咳・吐き気・高熱などのほかの症状があるなら、動物病院で診てもらいましょう。

イタグレが1日に食べるドッグフードの量・回数と与える時間の決め方

イタグレに食べさせるドッグフードの適切な量と回数、与える時間についてご紹介します。

続きを見る

-病気と医療, 食事