イタグレのJKC「血統証明書」の見かた

イタグレ日記の著者 イタグレはなの飼い主

2018-09-20

犬の血統証明書

https://itagre.pet

飼育しているイタグレ(イタリアングレーハウンド)の血統証明書がペットショップから届いたので、血統書の見かたを整理しました。

血統証明書だけを見ても「どう見たら良いのか?」よく分からないと思うので、困っている飼い主の方はご参考にしてください。

JKC「血統証明書」とは?

JKC「血統証明書」とは?

イタグレの血統証明書

血統証明書は、あなたのイタグレが純粋犬種であることを証明する書類です。社団法人ジャパンケネルクラブ(JKC)により発行されています。

人間に例えると「戸籍」のような書類で、どのような両親犬の間に生まれてきたのか?を表す家系図としての役割も果たします。

血統証明書では、兄弟についても記載されていますが、詳しい情報までは記載されていません。

血統証明書の見かた

血統証明書の表面

血統証明書の表面

血統証明書の裏面

血統証明書の裏面

血統証明書には、大きく分けて以下の9つの項目があります。

それぞれの見かたを解説します。

犬名

血統証明書の表面の見方

血統証明書の表面の見方

まずは、血統証明書の表面の最上部にある「犬名」から。

犬名は、「犬の名前」と「犬舎名」の組み合わせです。ブリーダー(繁殖者)が名付けた正式な犬名が血統証明書に記載されます。

たとえば、「HANA OF TOKYO AKIRA JP」と記載があったら、「HANA」が犬の名前、「TOKYO AKIRA JP」が犬舎名となります。

犬舎名とは、繁殖者が所有する繁殖するときの屋号です。「JP」は、国際畜犬連盟(FCI)にこの犬舎名が国際犬舎名登録されていることを表す記号です。

本犬のデータ

表面の左上には、犬種名、登録番号、性別、生年月日、毛色が記載されています。

登録番号は、「JKC」+「犬種番号」+「5桁の英数字」+「年号 下2桁」の構成となっています。イタグレの犬種番号は「IGH」です。

たとえば、「JKC-IGH-01889/19」となっていたら、2019年の1889番目に登録受付けされたイタリアングレーハウンドであることを示しています。

イタグレの毛色は、「BLUE(BL)」「WHITE(WH)」「SILVER(SL)」などがありあります。

父親の血統図

本犬のデータの下にある「1」と記載のある犬は、あなたのイタグレの父犬の情報です。

「3」は父方の祖父、「4」は父方の祖母を記載しています。「7~10」はさらにその曽祖父母が記載されています。

母親の血統図

父犬の情報の下にある「2」と記載のある犬は、あなたのイタグレの母犬の情報です。

「5」は母方の祖父、「6」は母方の祖母を記載しています。「11~14」はさらにその曽祖父母が記載されています。

登録日・出産頭数・登録頭数・一胎子登録番号

血統証明書の裏面の見方

血統証明書の裏面の見方

次に、血統証明書の裏面について紹介します。

裏面の左上には、あなたのイタグレがJKCに登録された日と、一緒に生まれた兄弟の数が記載されています。「一胎子」とは、同一の母犬から同時に生まれた子犬のことを指します。

登録頭数を見ると、性別と兄弟の数が分かります。

たとえば、「登録頭数 牡 1 牝 2」と記載があれば、あなたのイタグレを除き、あと2匹の兄弟犬がいると言うことです。

チャンピオン賞歴

裏面の右上には、取得したチャンピオンの種別と登録日が記載されています。

チャンピオン賞歴がない場合は、空欄となっています。

血統証明書の発行日

血統証明書の発行日が記載されています。「所有者名義変更届」の欄に記載がありますが、特に名義変更する必要はありません。

コールネーム

あなたが付けたイタグレの名前を、血統証明書に印字することができます。印字するには、登録料が掛かります。登録する特別な意味はありません。

4代祖血統証明書発行申込書

JKCの血統証明書では、3代前の祖先まで記載されていますが、さらに詳細な血統書管理のために、4代祖血統証明書を発行できます。

気になる方は、申し込んでみてください。

血統証明書の名義変更の必要性

血統証明書では、

  • 「所有者名義」の変更
  • 「コールネーム」の登録・印字
  • 「4代祖血統証明書」の発行

が任意でできます(有料)。

所有者名義を変更すると、血統証明書を紛失したときに再発行の手続きが可能となります。ですが、血統証明書を使う場面はほとんどなく、また、紛失しなければ再発行する機会もないため、所有者名義を変更する必要性はありません。

その他のサービスについても、繁殖をさせる気ならば変更した方が良いですが、普通に飼育するだけなら変更はしません。

まとめ

血統証明書は、あなたのイタグレが純粋犬種であることを証明する書類です。

血統証明書を使う場面はありませんが、人間に例えると「戸籍」のような大切な書類です。大事に保管しておきましょう。

ちなみに、この血統書では兄弟を探すことはできません。親戚を探したい飼い主は、ペットの親戚を見つけられるサイト「PEDI(ペディ)」を使ってみてください。

-グッズ