イタグレも虫歯になるの?

イタグレ日記の著者 イタグレはなの飼い主

2019-01-04

イタグレは虫歯になるのか?

イタグレ(イタリアングレーハウンド)は、滅多に虫歯になることはありません。その理由についてご紹介します。

犬は虫歯になりにくい

イタグレに限らず、犬は一般的に虫歯にはなりません。犬の虫歯は、数千頭に1頭くらいの珍しい割合でしか発生しない珍しい病気です。

虫歯の菌は、酸性の口内環境で発生しますが、犬の口の中はアルカリ性であるため、虫歯の菌は繁殖しにくいとされています。

虫歯になったときの治療

犬が虫歯になると、奥歯の溝が茶色く変色し、歯がやわらかく溶けて、穴が開いたりします。

虫歯になったら、動物病院で治療をしてもらいます。

人間の虫歯と同じで、歯のエナメル質と象牙質を削り、人工物で埋めて治療します。虫歯が重症化している場合は、抜歯します。

まとめ

イタグレは、基本的に虫歯になりません。気を付けるべき口内の病気は、歯周病です。毎日の正しい歯磨きで、清潔で健康な口内環境を保ちましょう。

イタグレが歯周病になる原因と予防法
イタグレが歯周病になる原因と予防法

「歯周病」ってどんな病気?イタグレが歯周病になる原因・予防法をご紹介します。

続きを見る

-病気と医療