イタグレの被毛(コート)の種類は?

イタグレ日記の著者 イタグレはなの飼い主

2018-09-03

イタグレの被毛(コート)の種類は?

https://itagre.pet

イタグレ(イタリアングレーハウンド)はスムースコートです。この記事では、犬の毛の長さの種類について詳しく解説します。

犬の「被毛(コート)」とは?

被毛(ひもう)とは、体を覆う毛のことを指します。英語で「コート(Coat)」と言います。

犬の被毛には、大きく分けて

  1. 長毛種「ロングコート」
  2. 短毛種「スムースコート」

の2種類があります。「ロングコート」と「ショートコート」と分類することもあります。

見てわかる通り、イタグレはスムースコートです。

ロングコートとスムースコートの違い

犬の毛の種類

ロングコートとは?

ロングコートとは、毛の長い犬種の被毛を指します。

毛質は、ストレート、ウェーブ、やわらかい、堅いなどさまざま。毛が絡まりやすく毛玉ができやすいため、こまめな手入れが欠かせません。

代表的な犬種としては、「シーズー」「パピヨン」「ヨークシャーテリア」が挙げられます。

スムースコートとは?

スムースコートとは、毛の短い犬種のことを指します。

スムースコートをさらに細かく分けると

  1. ショートコート(短毛)
  2. スムースコート(極短毛)
  3. ワイヤーコート(剛毛)

の3つに分類でき、毛質も異なります。

ショートコート(短毛)

被毛が短く、やや堅い犬種。ロングコートよりも短く、スムースコートよりも長いです。「柴犬」「コーギー」はショートコートです。

スムースコート(極短毛)

被毛がとても短くなめらかな犬種。ショートコートよりも短い被毛です。「イタグレ」「ピンシャー」などの犬種は、スムースコートに該当します。

ワイヤーコート(剛毛)

針金のような独特の毛質が特徴の犬種。「ジャック・ラッセル・テリア」「ワイヤーフォックステリア」はワイヤーコートです。堅い毛質を保つためには、プラッキングという作業が必要です。

まとめ

犬の被毛には、大きく分けて「ロングコート」と「スムースコート」があります。イタグレは、「スムースコート」と呼ばれる短毛種です。

比較的毛の手入れは楽な犬種ですが、定期的な手入れは欠かせません。

イタグレの抜け毛対策の基本
イタグレの抜け毛対策の基本

イタグレの抜け毛を防ぐ基本の3つの対策をご紹介します。家の中が抜け毛だらけで困っている飼い主の方はご参考にしてください。

続きを見る

-生態