イタグレを飼ったらはじめにやるワクチン接種の種類・料金・時期の目安

イタグレ日記の著者 イタグレはなの飼い主

2018-08-14

イタグレを飼ったらはじめにやるワクチン接種の種類・料金・時期の目安

https://itagre.pet

子犬のイタグレ(イタリアングレーハウンド)を飼育し始めたら、初年度は3回のワクチン接種を行います。この記事では、ワクチン接種の種類・時期・料金の目安についてご紹介します。

飼い主
動物病院によって異なる場合があります。あくまで目安とお考え下さい。

ワクチン接種の必要性

イタグレの予防接種

本来、子犬は母犬からの初乳を飲むことで、母親が持つ抗体を獲得します。

ところが、この抗体は体内で徐々に減少するため、適切なワクチン接種が必要になります。ワクチンを打つことで、一度に複数の病気を予防できます。

飼い主
イタグレに限らず、子犬を病気から守るためにワクチン接種は必要です。

ワクチン接種の種類と料金

子犬のワクチン接種にも、「2種」「5種」など複数の種類があり、種類によって料金も異なります。

種類

主な感染症とワクチン接種の組み合わせは以下の表の通り。

予防できる病気 2種 5種 6種 7種 8種
ジステンバー
パルボウイルス
伝染性肝炎1型  
伝染性肝炎2型  
パラインフルエンザ  
犬コロナウイルス感染症      
レプトスピラ2種      
飼い主
イタグレを購入したペットショップにおすすめされたのは「6種」でした。

料金

予防できる病気の数が多いワクチン接種ほど、料金も高くなります。つまり、一番安いのは2種で、一番高いのは8種です。

料金は動物病院によって異なります。目安は、「6種」で約6,000円、7~8種で9,000円くらいと考えてください。

イタグレに2回目のワクチンを接種してみた!費用や注意点は?

イタグレの生まれてから2回目のワクチン接種を受けに行きました。

続きを見る

ワクチン接種の時期

イタグレのワクチン接種の時期

イタグレのワクチン接種の時期

複数回接種するワクチンは、1度接種したら、次の接種まで間を空けます。ペットショップには、1度接種したら3週間空けて、次のワクチンを接種するよう案内されました。

  • 1回目:生後約6~7週間前後
  • 2回目:前回の約3週間後
  • 3回目:前回の約3週間後

ただし、ワクチン接種の種類や動物病院によって間隔の空け方は異なります。必ず、ワクチン接種を受ける病院に事前に相談しましょう。また、イタグレの体調が悪いと予防接種ができず、延期となります。

2回目以降は、前回のワクチン接種証明書を忘れずに持参してください。

まとめ

子犬のイタグレを飼育し始めたら、3回のワクチン接種を行います。ワクチン接種の種類はさまざまで、種類によって料金が異なります。動物病院と相談しながら決めましょう。

イタグレのはじめての動物病院選びのポイント
イタグレのはじめての動物病院選びのポイント

イタグレの命を預ける大切な動物病院。どんな基準で選ぶべきか?選び方のポイントを解説します。

続きを見る

-病気と医療, 費用